第45回東京モーターショー会場に連日通ってみて思うこと

公開日:Posted in 車悦 by

2年に1度の自動車の祭典、第45回東京モーターショーが閉幕しました。皆さんは観に行かれましたか?私はというと、いくつかの媒体から原稿を頼まれていたこともあり、会期中にフレンチブルーミーティングを含めた大きな自動車イベントの取材なども挟んで、というスケジュールでしたが、連日会場を回り、プレスルームで原稿を書き、という生活を送っておりました。

第45回東京モーターショー2017 込氏

個人的には「もう少し見たかった」というのが正直な感想でしょうか。網羅できていないブース、聞いてみたい話、もっとこの目で見たかったコンテンツなどがあって、また今回も積み残しがある状況です。以前よりも出展企業も減って規模が縮小しているはずですが、それでもなかなか網羅するのは難しいものです。そんな規模感の今回の東京モーターショー、見切れないくらいですから、大変でしたし、未達でしたが、だからこそ結構満喫できたということもできると思います。

第45回東京モーターショー2017 込氏

メディアの取材は、(主なメーカーなどは)だいたいプレスデーに行います。しかし、誰に向けてのモーターショーか??出展企業からすると、「プレスの方たちはリリースを読んで!」「質問あれば広報まで連絡頂戴!」なのではないかと思います。メインは一般の来場者です。『忙しい日々を過ごす合間を縫ってモーターショーの会場に足を運んでくれる人に向けて、ウチはこんなことを考えて物を作っていますよ!みなさんこういうのはどう思いますか?』そんな発表の場であり、コミュニケーションの場、なのではないでしょうか?現に各ブースで話を聞くと、普段は表に出られないエンジニアの方の熱い思いに触れる場面もいくつもありました。そして楽しそうに見ている人たちのまなざし、興味深げにお目当てのクルマ、技術を見る姿が会場のあちこちで見られました。

例の関係業界にとっての都合のいいエクスキューズ、「クルマ離れ」などやはり見て取ることはできませんでした。これは来場者数の分布にも出ていて、女性、そして40歳未満の「比較的若い層」の来場者比率が向上しています。総来場者数は77万1200人、台風22号の影響などを考えればこんなものではないでしょうか。後半はむしろ10万人超えの日が続き、幕張メッセから矩形にして見学して回るのに不便な構造のビッグサイトに会場を移転したわけですから、それ以上は望む方がおかしいのでは?と思うほどの来場者数がありましたので、僕個人としてはまあ多くはないが少なくもないと思っています。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...