最近、月間6000キロ以上運転していて思うこと。

公開日:Posted in 車悦 by

筆者は、なんだかんだで月間に6000キロ以上はコンスタントにクルマを運転しているかもしれません。そこで感じるのは「輪だろう!交通は」ということです。時にいがみ合い、時に他を退けるような運転に遭遇すると悲しい気持ちになるものです。

最近、月間6000キロ以上運転していて思うこと。

ベートヴェンの交響曲第9番、ご存じの方も多いと思いますが、いわゆる「第九」です。世界でも日本が屈指の演奏回数を誇る国ではないでしょうか。演奏を聴いても、どんな名だたるマエストロが指揮を執り、著名なオーケストラ、オペラを歌うような合唱団が合唱に加わっているものでも、日本の演奏ほどには感動しないことがあります。場数を踏んでいる国内のオーケストラに対して「第九は上手い」なんて言うと怒られてしまうでしょうか。しかし、しっかりと自分たちのものにしていることは間違いないでしょう。そして、その演奏回数以上にソウルミュージックのようになっているのではないかと思うのです。

第九の話はきっかけのつもりだったのですが、終楽章の途中から歌が入る。これ、初演を聴いた人の衝撃たるや、相当のものだったのではないでしょうか。想像するだけでワクワクします。そしてその歌詞、シラーの詩の一部ですが、ここに実はいつも道路での振る舞いを考える際に思い出す部分があります。

Ja, wer auch nur eine Seele
Sein nennt auf dem Erdenrund!
Und wer’s nie gekonnt, der stehle
Weinend sich aus diesem Bund!

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...