あの事件後…煽り運転は減ったのだろうか?

公開日:Posted in 車悦 by

あの事件後…煽り運転は減ったのだろうか?
日々、各地を回る筆者だからこそ感じることがあると思います。
(画像のクルマはタイトルとは関係ありません)

あの事件後…煽り運転は減ったのだろうか?

電車で移動すると、昔は「降りる人が先ですよ」と小学校でも言われたりしたものですが、そういうこともなんだか形骸化されているように感じるものです。ホームで待っている人も我先に、電車に乗っても出入り口あたりで立ち止まる人が多いですね。もちろんこうするものと決めつけることはできません。その場その場の判断は求められることだとは思います。しかし「こんなんだから、あおり運転の問題はなくならないな。」と思ったりするものです。

東名のあの事件以降、何かと話題になることは多いです。そして同時に、自分の運転だって気を付けていないとあおり運転だ、と言われかねません。また、相手を悪者、すなわちあおり運転呼ばわりするかどうかにも気を配ることは大切だなと思ったりするわけです。「人を悪者にしない努力」、これは結構現代社会を生き抜く上での処世訓の一つではないか、とさえ思ったりするものです。後ろから急いでくるクルマがいたらできるだけ道を開けてあげる。逆に前のクルマが明けてくれたら、サンキューハザードをつけてあいさつする。個人的には可能な限りそんなことをするようにしています。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...