サーキットの狼が流行っていた頃に夢中で遊んだ「プラモデル追いかけレース」な日々

公開日:Posted in 車悦 by

世の中にサーキットの狼が流行っていた頃、筆者をはじめとするスーパーカーキッズたちは、クルマのブラモデルに夢中でした。1/24スケールのそれらはすべてモーターで走る、いわゆるモーターライズモデル。マブチのFA-130という一番コンパクトなもの(今もミニ四駆やミニッツレーサーに使われている“あれ”ですね)に、単三電池2本というのがスタンダードでした。ある日、そのジャンルに、プラモデル界の雄・タミヤが参入してきて、ポルシェ935を発売しました。これはRE-14(その後RE-140に改称)モーターを搭載していて、それまでのどのモデルよりも速かったのです。

プラモデル界の雄・タミヤが参入

サーキットの狼が流行っていた頃に夢中で遊んだ「プラモデル追いかけレース」な日々

以後、他のメーカーも大きなモーターを積み始め、RE-26(RE-260)モーターや280モーター搭載のものまで出てきました。電池の本数を3本にしたものも現れ、さらには単三電池4本というまるでお父さんのラジオのような大電力モデルの登場に、我々スーパーカーキッズの心は期待に打ち震えたのです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:小嶋あきら

兵庫県西宮市の海辺に在住。とある地方自治体に二十五年勤めた後、これからは文章と写真で食っていくん...