クルマがあるからこそ行ける場所とは?

公開日:Posted in 車悦 by

私が自動車ライターとなってから、そろそろ5年ほどになるでしょうか。ありがたい限りですね。自分ではクルマが好きな方だと思ってきましたから、関連するイベントや、カーライフに関することなど、クルマに近いところで記事を書かせていただける。これは幸せなことだと思っております。ありがとうございます。読者の皆様のおかげですね。

ライターとしては後発の人間故、執筆した記事を公開する場としては、雑誌よりはWEBが多いでしょうか。(出版社の編集部の人が中心に書いていることも多い雑誌は、やはりキャリアの長い方が外部でも多いかもしれませんね)かつて自分自身は、毎月毎号小遣いを握りしめて書店で雑誌を購入していました。ですから、最近、どんどん雑誌が少なくなってWEBに集約されていくこの流れ、自然なことなのかもしれませんが、ちょっと寂しい気もいたします。今は自分もライターですから、そんなところで書かせていただける機会があれば何よりですが、そうでなくても、自動車雑誌、姿を消してほしくないなと思うものです。

クルマがあるからこそ行ける場所とは?

今回編集部から「クルマがあるから行ける場所」について何か書いてほしい、という依頼が来ました。なにかこれ、冒頭でお紹介した雑誌の話、WEBがどんなに主流になっても雑誌の魅力はカバーしきれないのではないか、という話に似ているような気がするのです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...