平成30年度の自動車税を払うその前に我思う…

公開日:Posted in 車悦 by

年に一度のご挨拶。来ましたね。支払いが伴うものは、やはりどうしても気持ちが後ろ向きになってしまします。あまり進んで、一刻を争ってまで納付しなければ。残念ながら、そうは思えないというのが率直なところです。もっとも受益者負担。いろんな恩恵を受けています。クルマに乗っているだけで。ですから負担しなくてはいけないのは間違いないのですが。こういうことではいけませんね。納税の時期になると、確かに古いクルマの割増しの話、そもそも高いという話。ネットや、メディアの記事でも数多く見かけるようになります。エコカーが優遇されて、大切にクルマを使っているユーザーを、環境負荷の元凶であるかのように呼ばわるあの課税体系とか、釈然としないところがあります。その中身以上に、その税制の放つニュアンスに、いかがなものかと思うわけです。ですが、少し視点を変えて、税金の季節だから、愛車との向き合い方について見直したほうがいいのではないか。先日ふとそんなことを思ったもので、今回はそんなお話をしたいと思います。

平成30年度の自動車税を払うその前に我思う…

自動車税は所有に対しての課税です。年間でどこへ何をしに何キロ走っても、何回出かけても、払う税金は同じなわけです。軽自動車であれば今は10000円ほどでしょうか。ひと月800円ほどになりますか。3000㏄のクルマであれば、割増しのないもので、51000円ですか。月当たりにすると4000円ちょっとですね。割増しになる古いクルマで月に5000円弱でしょう。少なくとも私の感覚では、こうして考えると、それほど法外な気はしなくなったのです。まあ、仕事柄出かけることも多いですし、たくさんクルマに乗る機会もあるので、そう思うのかもしれません。これに駐車場代。先月から大家さんの都合でいいところに移され、それまで9000円の消費税だった駐車場が12000円の消費税になりました。自動車保険もかかります。そう考えると、車両代を除く年間の維持費というと、まあ車検代の月割りというのもありますが、これは車両代のほうに入れるとして、25000円ほどで収まることが多いのではないでしょうか。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...