フリーランス自動車ライターが選ぶ、カー・オブ・ザ・イヤー2017とは?

公開日:Posted in 車悦 by

本当に早いですね。なんだかまだ3月くらいの感覚です。ぜんぜん間に合ってない。何も終わってない感じさえするのですが、もう年の瀬。こうして時間とは過ぎていくのですね。怖いものです。さて、そんなことを改めて実感したのは編集部から「今年、中込さんが選ぶ個人的カーオブザイヤーは?」という連絡を受けてのこと。だいたい11月くらいからのイベントがらみの原稿だってまだ終わっていないのに。恐ろしい限りです。

今年もおかげさまで様々なクルマに乗せていただきました。そんなクルマの中で今年を締めくくる一台というのを少し振り返ってみたいと思います。

中込氏的カー・オブ・ザ・イヤー2017とは?

ニューモデルではないですが、好感触だったのは、フォルクスワーゲンのマイナーチェンジしたup!と、モデル末期、最後の5ナンバーボディのポロでしょうか。最近のクルマ、やたらと、乗る人を「ステージに上げる」ようなところがあります。しかし、クルマってパーソナルな空間であって、個人的なモビリティという側面は強いですよね。だから、「嗚呼、帰ってきたな」と思える感覚って大事なことではないでしょうか。この2台は、そこのところとても色濃く残しているように感じます。up!も手漕ぎで乗ればスムーズに行く・・・と思っていましたが、自動変速モードで、クルマと会話しながら変速のタイミングを諮るような乗り味は、それこそ、昔でいうところのマニュアル車が持っていた楽しさに近いものなのではないでしょうか。「慣れればOK」は、本来みんなが使うクルマではあってはならないことなのではないか、と思ったこともありましたが、あのコツをつかむと、むしろマニュアル車よりも楽しいのではないかと思う瞬間すらありました。軽自動車も、ちょっと贅沢を言い出すと200万円では収まらないこのご時世。200万円できっちりおさまる価格帯で、ザ・ドイツ車のしっかり感が買えるのは、とても素晴らしいことなのではないでしょうか。

中込氏的カー・オブ・ザ・イヤー2017とは?

あと、アテンザのワゴン「ディーゼル・マニュアル・四駆」が21世紀の今乗れることの喜びは感涙モノでした。しかもあのクルマ、マニュアルなのに追従型クルーズコントロールまでついていて「手でキコキコ変速する楽しさがあれば疲れなんて感じない」ばかりでなく、「本当に疲れ知らずのマニュアル車」である点は感動を覚えたというか、思わず笑いがこみ上げてくるほどでした。ああいうクルマをしっかりカタログに乗せ続ける一点をもってしても注目に値しますし、そんなに小ぶりなクルマではないのについつい寄り道してしまう、乗る人のフットワークを軽くさせる一台。印象的でした。

マツダと言えば、このエンジンが刷新されて搭載された、グローバル視点を国内にも展開、ではなく、国内市場を見据えたニューモデルCX-8も、ずっと大きく重たいはずなのに、アテンザよりも身軽にすら感じるとてもよくできたクルマでした(これについてはCLでもできればレポートしたいと思っています)。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...