クルマで出かけたから出会えた極上の音楽。あこがれの「クルマで出かける音楽祭」

公開日:Posted in 車悦 by

「そんなところで開催したら誰が来るのか?」というところでも、クルマで行く前提だからいいのです。むしろ、クルマがなくても気軽に行けることが多すぎるのです。クルマを愛し、クルマと共鳴しあえる音楽に触れ、クルマで出かけたから極上の音楽に出会えた。そんなクルマユーザーにアドバンテージがある体験、そんなことがあってもいいのではないでしょうか。

あこがれの「クルマで出かける音楽祭」

クルマがないことに対して、解決策を提示しすぎるからクルマから遠ざかるのではないでしょうか。なければ乗せてもらいなさい、借りなさい。極上の音楽に合わせて、あの途中の道自分で走ってみたいから、今度は自分で来られるように免許を取ろう、クルマを買おう。というところまでムーブメントが広がれば言うことはありませんが。

その点、九州を訪れると、霧島音楽祭とか、とてもいい企画だなあ、と感心したものです。もちろんクルマでないといけない、を謳っているわけではありません、けれども霧島は個人的には箱根に勝るとも劣らないドライブコースだと思うもので。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...