最近のクルマ関連イベントに出かけて感じる「自動車文化」のこと

公開日:Posted in 車悦 by

唐突ですが、日本で自動車文化は要らないと思っています。戦後国が復興する中で、自動車産業にかけた節があります。自動車はたくさんの人が関われます。戦火にやられて傷だらけの日本列島で、クルマを作れば復興も進む。多くの日とも関われる。海外からの輸入に頼っていた当時の日本人は、いつか自分たちで、あんなクルマを作ってみたい。団結して取り組み、憧れつつも「日本列島の食い扶持」としてのスタートこそ、日本における自動車産業の起こりだったと思うのです。

( ※編集部追記:当記事は過去にメルマガ配信した記事です。)

最近のクルマ関連のイベントに出かけて感じること

ヨーロッパのように「かくあるべし」というスタイルや、脈々と守らなければならない格式がまずありきの国とは、根本の事情が違うのです。しかし、今の日本では、ちょっと自動車文化に必死になり過ぎではないかと思っています。イタリアなど、自動車が文化として根ざしている国は、「自動車文化を根付かせよう」という運動をしてきたのでしょうか。決してそうではありませんね。イタリアなりのクルマとのかかわり方、新党のプロセスの中で、イタリアの風土や、イタリアの人々の暮らしの中で、一緒にいたクルマや、それに関する、しきたり、イベントなどが、やがて文化的な側面を帯てきたということではないでしょうか。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...