意外と知らない独立したメーカー。BMWアルピナの買取相場はいかに

最終更新日: 公開日:2017-03-06 | Posted in 買取査定 by

アルピナとはBMWをベースとした独自なチューニングモデルを製造販売する、ドイツのチューニングメーカーです。BMWの派生モデルと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、BMWとアルピナの間に資本関係はなく、独立したメーカーであります。

今すぐ無料査定を依頼する

BMWアルピナの歴史

アルピナはドイツのチューナーで、BMWをベースに独特のチューニングを行い、少量生産でクラフトマンたちのハンドメイドによって生産される希少車です。アルピナはもともとドイツの事務機器のメーカーでしたが、1961年、BMW1500用のウェーバー・ツイン・キャブレター・キットを独自に開発、発売したことから始まりました。このキットは、その性能の高さから広く知れ渡り、本家BMWに認められるものでした。性能に加えて、高い品質も評価され、アルピナチューニングの車はBMWと同じ車両保証が与えられるようになるのです。その後アルピナがレースに参戦し始めるのは、想像に難くないでしょう。レースに参戦すると、数々のツーリングカー選手権を制覇しました。そして、1977年にBMWアルピナ3.5CSLでツーリングカー選手権チャンピオンを獲得したことを機に、市販車のツーリングカーの生産を本格的に始めることとなるのです。

日本にアルピナが上陸したのは1979年でした。B7 Turboが第1号車として輸入され、ここから正規にニコルが代理店となり、日本での販売をスタートしました(B7 Turboは当時世界最速のリムジンと言われていました)。その後2014年までに4000台が輸入され、アルピナ全体の生産台数の約20%が日本に輸入されているということから、アルピナが日本でいかに人気が高いかおわかりいただけるでしょう。

一見するとBMWに見えますが、デコラインやアルピナ独自のエアロパーツに彩られたエクステリア、全域でパワフルになったツインターボエンジン(※一部ディーゼルターボ)、ハンドメイドによって生み出されるウッドパネルを基調とした上質なインテリア、どの速度域でもしっかりと路面を追従するしなやかなサスペンション、一目見ただけでアルピナと認知できる20本のフィンが美しいクラシックホイール、魅力をあげるとキリがありませんが、これらを上質にかつ繊細にまとめあげたアルピナが人気なのは、まさに必然に違いないでしょう。

今すぐ無料査定を依頼する

BMWアルピナの現状

年間生産台数は千数百台あまりと、イタリアの跳ね馬のメーカーよりも少ない数字になるのも意外な点です。ベースとなる普通のBMWとの見た目の主な相違点は、オリジナルのエアロパーツ、エンブレムやステッカー、オリジナルホイールなどです。特に20本スポークをもつオリジナルホイールは、一目でアルピナと分かるような伝統的なデザインのものです。

日本で売られているアルピナはB3/D3、B4/D4、XD3、B5、B6、B7となり、それぞれベースモデルは、3シリーズ、4シリーズ、X3シリーズ、5シリーズ、6シリーズ、7シリーズとなり、B、Dの違いはガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いになります。

各々モデル名のうしろに、BITURBOという名称がつき、全モデル過給機が搭載されるエンジンとなるのも、アルピナモデルの特徴です。

今すぐ無料査定を依頼する

BMWアルピナはグランドツーリングカー?

ハンドルの位置ですが、モデルによって、左右選べるモデルもラインアップされます。性能面でのBMWとの違いですが、エンジンを含めあらゆる箇所の性能強化がされており、実際乗ってみればわかりますが、これが同じBMWなのか?と疑いたくなるような、全方位的に高い性能を持ち合わせたグランドツーリングカーです。

アルピナモデルの中でも、D3、B3はベースとなる3シリーズと同じく、街中や日常でも使いやすいサイズであり、人気モデルといえるでしょう。特にD3は6気筒ディーゼルターボエンジンを積み、他ではなかなか味わうことのできない、怒濤の加速を楽しませてくれるモデルではないでしょうか?

今すぐ無料査定を依頼する

BMWアルピナのおすすめオプションと買取相場

オプションは色々ありますが、間違いなく選んでいて後悔しないものは、エクストラカラーのアルピナブルー、アルピナグリーンです。この色を選ぶか選ばないかで、買取金額も大幅に変わってきてしまいますので、カラー選択は慎重にいたしましょう。

個人的に、どのアルピナモデルを選択するかですが、上にも書いたように日常の使い勝手を考慮したうえで、怒濤のトルクを味わえるD3 BITURBOを一押しといたします。普通の3シリーズに乗っているんだね、とご近所さんに思っていただける点も重要ですし、その陰で「実は…」と、ほくそ笑むという小さな楽しみもついてきますから。

クルマの査定は「買取専門店」の
精通した知識がないとできません!

今すぐ無料査定を依頼する
この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL PROMOTION

こちらは提供元の情報をピックアップして取り上げた、CLのスポンサード記事となります。