国境を越えて横断する国際列車タリスの様子@ドイツ現地レポ

最終更新日: 公開日:2015-05-21 | Posted in ドイツ現地レポ by

鉄道と言うのは車の対極にある乗り物だと思います。もちろんレールの有無、多くの場合、個人で運転できないと言う部分は大きく影響していると思いますが。しかし、その制限が多い部分の弊害よりも、知らない街を毎日毎日くるひもくるひも同じ時刻に同じように繰り返し運転されている。というのはそこに行ってみると、自分の知っている鉄道と「つながっているのに、想像だにできない風景」が広がっていたりするのを目の当たりにすると、妙にロマンチックな気持ちになったりするものです。自分の知っている現実とも繋がっているのに、自分の知らない風景がそこにある。夢よりも現実へのトリガーがある分、リアリティがあるからでしょうか。だから鉄道の旅というのも、実は結構好きだったりするのです。ドイツからのレポートでは、そんな陸続きのヨーロッパを、国境を越えて横断する国際列車タリスの様子が届きました。

国境を越えて横断する国際列車タリスの様子@ドイツ現地レポ

国境を越えて横断する国際列車タリスの様子@ドイツ現地レポ

国境を越えて横断する国際列車タリスの様子@ドイツ現地レポ

そういう列車ですから、いろんな国の人が、いろんな用事の為に乗っています。旅行中の人、仕事で乗っている人、久しぶりの帰省の人もいるでしょう。バックパッカーも多いようですし、中にはなんと、いきなりおもむろにギターを取り出し、音楽を弾き始める人までいたりして・・・。こういうのが大陸の面白いところ。というか、いろんな人が方をくっつけて暮らすのが普通だとすれば、われわれ日本人のように、島国で、ほぼ日本人だけで暮らしている環境という方が、世界的に見ると特殊なのかもしれませんね。

いつも勝手知ったる駅から普通に列車に乗り、いつも慣れ親しんだ路線の終点で乗り換え、知らない街の風景に車窓が移ろううちにやがて、まどろみ、再び醒めては思いがけずダイナミックな景色に出会えたりして・・・そうして終着駅に降り立つときの達成感と、同じだけの道のりを引き返せねば帰れないことにに因る物悲しさの交錯するところにこそ、旅愁というのは生まれるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...