気分はVIP!? 思わず降車拒否したくなりそうな、メルセデス・ベンツSクラス タクシー@ドイツ現地レポ

最終更新日: 公開日:2015-05-18 | Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツから、ちょっと気になるタクシーのレポートが届きました。

先代のメルセデス・ベンツSクラス(W221)タクシーです。グレードはS350 Bluetecモデル。フロントバンパーのデザインからすると、フェイスリフト後のモデルと思われます。

気分はVIP!? 降車拒否したくなりそうな、メルセデス・ベンツSクラス タクシー@ドイツ現地レポ
フロントのグリルがブラックアウトされているようにも見えます。それとも、ただ単に汚れが蓄積しているのでしょうか?パークトロニックシステムのセンサー部分も、ボディと同色ではなく、地色のまま。本来、Sクラスが持つ華やかさと、タクシーとしての実用性がせめぎ合っている…ようにも見えます。

ここまで汚れているSクラスを、日本で見かけることはほとんどないですよね。
気分はVIP!? 降車拒否したくなりそうな、メルセデス・ベンツSクラス タクシー@ドイツ現地レポ
驚きなのは内装。定番のブラックかと思いきや、ベージュレザーです。よく見ると、ダッシュボードやエアバッグ部分などにもステッチが…。どうやらレザーインテリア仕様のようです。さらにはSクラスらしく、ドア部分にはシートメモリーの機能や、ウッドパネルもしっかり?張り込まれています。せっかくのSクラスなのにもったいない…と思ってしまうのは、私が日本人だからでしょうか?
気分はVIP!? 降車拒否したくなりそうな、メルセデス・ベンツSクラス タクシー@ドイツ現地レポ

翻って、日本でも、バラエティに富んだ個人タクシーを見かけます。

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...