まさにコンクール・コンディション!宝石のような2代目SLクラス(W113)、中でもさらに希少な「250SL」との邂逅

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

昨日は快晴だったのに今日は雨。天気予報がなかなか当たらない…秋の空が変わりやすいのは、日本もドイツも同じです。秋は一瞬で過ぎ去り、すぐに長い冬が到来することを知っているドイツの人々は、だからこそ晴れた日の午後をたっぷり外で遊んで過ごします。そんな晴れた日の午後に、ベルリンの街中で古く美しいメルセデス・ベンツと出会いました。今回の主役は、メルセデス・ベンツSLクラスの2代目モデル、250SL(W113)です。

もともとの意味は「超軽量」

メルセデス・ベンツには多くのオープンモデルがラインナップされていますが、その中でも最高峰の2シーター・オープンスポーツカーとして長く頂点に君臨し続けているのがSLクラス。歴史をたどれば、1954年に登場した初代モデル・300SL(コードW198)から現在まで、途切れることなく生産が続けられています。レーシングカーをルーツとし、非常に凝った構造のシャーシを持つW198のネーミング「SL」は、「Super Leicht(ズーパー・ライヒト:超軽量)」を意味していました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...