セダンにしか見えないけれど、実はハッチバック!シュコダの誇るフラッグシップ「スペルブ」をご紹介

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

秋はいったいどこへ?というくらい、一気に冬になってしまったドイツの首都ベルリン。11月半ばにして、日中の最高気温は2〜3度、最低気温も氷点下、という凍えるような寒さになっています。寒さに身をすくめて通りを歩いていると、1台のスポーティなデザインの4ドアセダンが目に飛び込んできました。しかしよく観察してみると、このクルマ、5ドアハッチバックなのです。

今回は、どう見ても4ドアセダンにしか見えない特徴的なエクステリアを持つクルマ、シュコダ・スペルブ(Škoda Superb)をご紹介します。

フォルクスワーゲングループの一員

シュコダ・オートは、日本では馴染みが薄いものの、チェコ国内自動車生産のシェア1位を誇る自動車メーカーです。もともとは自転車メーカーの「ラウリン&クレメント」として1985年に創業、1899年には早くもオートバイの生産を開始します。第一次世界大戦の特需で大きく成長するも、1924年の大規模工場火災により経営困難に陥ってしまい、鉄道車両や兵器などを生産していたシュコダ工業株式会社が買収。その後「シュコダ」ブランドの自動車生産を開始します。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...