日本未導入のルノーのセダンモデル「フルエンス」。優れたセダンが多いドイツでは肩身が狭い?

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

みなさんは、ドイツでセダンといえば、どのメーカーのモデルが多く走っていると思いますか?早速答えを発表しますと、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディの3社のセダンモデルでほとんどが占められています。おおよそ、みなさんの予想通りだったのではないでしょうか。

その他にちらほら見かけるのが、VW、オペル、シュコダのセダンといったところです。そんな「ドイツにおけるセダンはドイツ車が圧倒的シェアを誇る」状況の中、珍しいセダンを見つけました。今回の主役、ルノー・フルエンスです。

フルエンスは国際戦略モデル!主にトルコで生産

ルノー・フルエンス、と聞いてすぐにピンとくる方は、ルノー・日産についてとても詳しい方ですね。フルエンスは2009年に、メガーヌ2セダンの後継として発表されました。国際戦略モデルとして、生産はトルコにあるオヤック・ルノーで行われましたが、中東・オセアニア・中国向けモデルは韓国のルノーサムスンが生産・輸出していました。あまり聞きなれない車名ですが、それもそのはず、日本には正規輸入されていません。

実は、2004年に同じ名前のコンセプトカー「フルエンス・コンセプト」が発表されていたのですが、市販されたフルエンスとはつながりがない、2+2のクーぺモデルでした。デザイナーがパトリック・ルケマンだったこともあり、「フルエンス・コンセプト」の各所にはその後のルノーにつながるデザインが見られたのですが、残念ながら市販されたフルエンスにはあまり生かされておらず、受け継いだのは名前だけだったようです。

シンプルで少し地味な印象のエクステリア

この個体は、フルエンスが発表されたばかりの、2009年から2012年頃のモデルだと思われます。近年のプジョーを思わせる横長の目つきに、横長に空いた吸気口が少しファニーな印象。サイドビュー、リアビューについては特に目を引くような個性は感じられず、エクステリアは全体的に少し地味な印象を受けるかもしれません。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...