日本では見かけなくなったサーブ900。ドイツではHナンバーを掲げてまだまだ現役!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

以前は頻繁に街中で見ていたはずなのに、気が付いたら全く見かけなくなった・・・読者の方にも、そんな思いを抱いているクルマがいくつかあるのではないでしょうか。筆者がベルリンに住むようになってから、「日本では見かけなくなったものの、ドイツではまだ走っているところを見ることができるクルマ」をチェックするのがひそかな楽しみとなっているのですが、今回ようやくこのクルマを写真に収めることができました。サーブ900です。

サーブ900は15年にも及ぶロングセラー

サーブ900といえば、やはりこの初代モデル、通称クラシック900を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。初代サーブ900は、1979年から1994年まで販売されていたロングセラーモデルで、既に生産終了から20年以上経過しています。写真の個体はHナンバー車ですから、少なくとも1987年以前のモデルということになります。

それにしても、今見ても本当に斬新なスタイリングです。縦置きのエンジンが収まっているとは思えないほど薄いボンネットに、ポルシェ911よりも立ったフロントウインドウ。プリンをスプーンですくったかのようなバッサリと落とされたリアに、視認性を考慮した大型の灯火類。特に、飛行機のキャノピーを思わせる大きく湾曲したフロントウインドウは、サーブ900の強烈なデザイン・アイデンティティでした。

もともと航空機や軍需品メーカーとして出発したサーブ。1990年には自動車部門がGMの傘下に入って別会社「サーブ・オートモービル」となり、元のサーブとは関係がなくなりました。しかし、それ以前のサーブは自動車の設計に航空機の経験がかなり生かされていて、独特の空力スタイリングやターボ・エンジンのもとになっています。

サーブが得意としたターボエンジン

先代モデルのサーブ99が、北米市場での「もっと大きな馬力が欲しい」という声に、大排気量化・多気筒化で対応するのではなく、ターボを採用して馬力アップを図ったのは、いわば近年のダウンサイジング・ターボ化のはしりと言えるのではないでしょうか。後継モデルのサーブ900にも、もちろんターボモデルが存在。最上級モデルの「ターボ16S」は160馬力を発生しました。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...