日本の充実度とは大違い?ドイツの高速サービスエリア事情

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

どこかへ遠出する際に、高速道路を利用すれば皆さん大体は途中でサービス・パーキングエリアを利用するかと思います。ドイツでもそれは同じで、サービスエリア(SA)が約60kmごとに設置されています。日本と比べるとドイツのサービスエリアは非常にシンプル。一体どこがどう違うのか?今回はドイツのサービスエリア事情をご紹介します。

ドイツのサービスエリアには何がある?
11147077_825106514263177_9077787720563603533_n

ドイツ国内に設置されているサービスエリアは約50か所。日本と比べれば数はうんと少ないですし、広々とした駐車スペースはなく規模も小さめ。エリア内には給油スタンドとトイレ、ハンバーガーなどのファストフード店、この3つが主にあります。大きなSAだと簡易宿泊施設が併設されている場合も。高速道路上ではSAを示す標識の下にどの給油スタンド会社か、どのファストフードかとロゴ付で表示されていて一目でわかります。中には水素・電気エネルギーを必要とする車種もありますし、それらを取扱いしているスタンドは限られているのでこの標識はなかなか重要です。

11231089_825106534263175_1254676665356761616_n

11425068_825106567596505_5865051295155751774_n

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...