これがフラッグシップ?巨大かつ背高なハッチバック・スタイルを持つルノーの旗艦モデル「ヴェルサティス」に遭遇

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

例年になく雨が降らず、奇跡的な晴天が続くベルリン。散歩の機会も自然に増えてしまいます。ドイツの首都ベルリンに移住してから、日本に導入されずに終わったクルマを見つけるのが日々の密かな楽しみとなっているのですが、今回もそんなクルマを1台ご紹介します。

見つけた時は思わず「でかっ!」と声を上げてしまった、かつてのルノーのフラッグシップモデル、ルノー・ヴェルサティスです。

日本未導入に終わったヴェルサティス

ルノー・ヴェルサティスは、サフランの後継車種、そしてルノーの旗艦モデルとして開発された大型高級車です。ルノーのフラッグシップとしては、1960年代のルノー16、1970年代のルノー30、1980年代のルノー25、1990年代のサフランと続いてきて、2002年から2009年まで作られたのがこのヴェルサティスです。日本への導入計画はあったようなのですが、結局実現はしませんでした。この後はラティチュードが後を引き継ぎ、2015年には新たな旗艦モデルとしてタリスマンがデビュー。ただし、タリスマンも日本導入の機会はなさそうなのが残念ですね。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...