欧州の地で長距離ツアラーとして名を馳せる!日本では希少な「ルノー・ラグナ2」をご紹介

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

「フランス車ってこんなに人気なの?」ドイツで暮らし始めた筆者が、公道を眺めている時に思わず口をついて出たのがこの言葉でした。乗用車はもちろんのこと、バンなどの商用車に至るまで、ドイツの路上では多くのフランス車が活躍しています。

プジョー、ルノー、シトロエンといったフランス自動車メーカー3社の中でも、日本で見かける割合とまったく異なるのがルノー。今回ご紹介するのは、日本ではあまり人気のなかったミディアムサルーン、ルノー・ラグナ2です。

デビューは15年以上前

ルノー・ラグナ2が発売されたのは2001年。日本へ導入されたのは2003年のことで、5ドアハッチバックとワゴンの2タイプが用意されました。エンジンはガソリンエンジンのみで、5ドアハッチバックは3.0リッターV6のみ、ワゴンは3.0リッターV6と2.0リッター直列4気筒から選べました。ちなみにヨーロッパでは、1.6リッターや1.8リッターの直4ガソリンや、1.9リッター、2.2リッターのディーゼルエンジンもラインアップ。多くのエンジンバリエーションが用意されました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...