日本に正規輸入されたことがない「ルノー・エスパス」。コンセプトが変わる前の4代目モデルをベルリンで見かけて

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

もうまもなく4月になりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。筆者の住むドイツの首都ベルリンの気温は相変わらず10度前後。さらに、非常に変わりやすい天気が続いていて、さっきまで晴れていたと思ったら突然雨が降り出したり、急に風が強まったりと、なかなか「春爛漫」といった雰囲気にはなってくれません。

3月31日にはサマータイムに切り替わるので、人々もいよいよ外出して遊びに行く時期に差し掛かりますが、そんな時に活躍するのが、5人から7人乗りのミニバンやSUVです。ドイツにおけるミニバンは、フォルクスワーゲン・シャランやメルセデスベンツ・Vクラスといったモデルを多く見かけますが、輸入車ではこのクルマをよく見かけます。今回ご紹介するのは、日本には未だに一度も正規輸入されたことがない、「ルノー・エスパス」です。

ヨーロッパ初のMPV

ルノー・エスパスの初代モデルが登場したのは1984年のこと。エスパス登場時はもともと大量生産については考慮されていなかったのか、鋼板プレスに樹脂製のパネルを貼り付けるという、少量〜中量生産に向いたボディ構造となっていました。結果的にはヨーロッパ初のミニバン(MPV)として登場したことで、その多用途性が評価されて瞬く間に大ヒットを記録。樹脂製パネルの恩恵で、比較的軽量に仕上がっていたこともあり、大柄な車体からは想像もできないほどのスポーティなハンドリングを実現していました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...