生産から30年後も60%が現役!ドイツはクルマとオーナーにとって幸せな国だ

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

「自動車大国」と聞いて真っ先に思いうかぶ国は日本でしょうか、それともドイツでしょうか?

どちらの国も、自動車分野ではテクノロジーも最先端であり、世界的にも大きな地位を確立しています。以前、ドイツ人の友人から「日本のアウトバーン(高速道路)は、なぜ100km/hまでしか出せないんだろ?(クルマが)もったいないね。」といわれたことがありました。

この点に関しては法律で決まっていることなので、筆者がどうこういえる問題ではないのですが、はたして日本を走るクルマは「もったいない」のか?とふと思いました。たしかに、ポルシェやフェラーリといったスピードを出すことで性格の違いがわかるクルマというのも多々あります。法定速度の部分だけでみると、そのような力みなぎるクルマたちが100km/hで我慢しているのはもったいない(?)かもしれない…。そもそも、クルマそのものにとって暮らしやすいのはどちらなのでしょうか?本当の自動車大国といえるのは、果たして?

カレントライフでは、いままでドイツのHナンバーについて、特に古いクルマの扱い方についてご紹介してきました。日本の自動車事情と比べながら、ドイツ在住の筆者も「日本もこうだといいのになあ」と執筆しながら思うこともありました。税金事情等、もろもろ含め、なぜ日本ではクルマ、特に旧車を持つことが負担になるのか?そして、なぜドイツが対照的に称賛されるのか?ドイツがクルマにとって、そしてクルマを愛する人にとって幸せになれる国であるのかを今回まとめてみました。

1.クルマをもつための選択肢

まず、「クルマをもつ」という点からみていきましょう。ドイツ人にとってクルマは日本以上に身近で、必要不可欠なものです。ドイツの自動車保有率は63%、単純に考えれば国民の2人に1人以上がクルマを所有している計算です。鉄道整備などが完全でないことから、自動車での移動が非常に重宝されていました。とりわけ郊外部は公共交通機関網が十分に行き届いておらず、都市部までマイカー通勤する人も少なくありません。

しかしながら、ドイツの新車価格は世界的に見ても高いのです。そんな国で、一体どうやってクルマを買うのか?ドイツではクルマを所有する選択肢として、中古車購入とリースまたはカンパニーカーを利用するという考えが一般的となっています。ドイツのカンパニーカー制度は福利厚生としてプライベート用としても使えることがほとんどです。日本なら役職クラスから支給されますが、ドイツでは課長クラス、または出張など外勤の多い職種なら一般社員にも与えられます。

これらのカンパニーカーはリース購入が多く、貸与期間が終わったカンパニーカーは中古車市場へと流れていきます。そこで若い年齢の購入希望者であったり、カンパニーカーを支給されない一般社員が社内でリース後落ちてきた中古車を購入するというしくみになっています。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...