社用車がポルシェというケースも。ドイツ企業のカンパニーカー(社用車)事情とは?

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

日本では社用車(カンパニーカー)を1人1台に当てがわれたり、また頻繁に私的利用することはあまりないのではないでしょうか?ドイツの企業では、従業員へ社用車を貸与し、これをプライベート兼用で乗るというケースはめずらしくありません。社用車を貸与させることで、出張や顧客への訪問などに対応できるのはもちろん、遅延や運行中止などが多いドイツの鉄道移動でのトラブルを避けるメリットもあります。それに、マイカーをもたない従業員にとっては、プライベートにも使えるという点は何かと便利なのではないでしょうか。

これはドイツの企業で一般的に行われているシステムなのです。現在、筆者宅も、家族の勤務先の社用車を貸与してもらっており、通勤&プライベートにも使用しています。スーパーに行くのもクルマがいる田舎町なもので、非常に助かっています。そこで今回は、 日本ではあまり知られていないかもしれない、ドイツの社用車事情についてご紹介します。

社用車のプライベート利用での課税額は?

社用車をプライベート利用するにあたり、「いくら払えばよいのか」というのが問題となってきます。企業(雇用者)が許可した上で、社員(被用者)が社用車をプライベートに使う場合には現物給与として扱われます。そのため、賃金税と付加価値税の課税義務が発生します。課税方法はおもに2通りで、「運転記録方式」と「定額1%方式」が適用されます。

●運転記録方式
・走行するたびにそれが社用か私用か通勤用かを記入し、私用走行した距離分を割り出して課税する方法
・プライベートで乗った分だけ毎月課税されるので、税額は変動
・この方法は運転記録帳への細かい記入規定がある
(具体的には走行後すぐに記入、時系列、記録に時間的空白があるのはNGなど、なかなか厳しいものです。目的地の住所も番地まで細かく記入する必要がある)

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...