空冷最後のポルシェ911ターボ(タイプ993)と邂逅。20年を経て輝きは増すばかり!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

1月も半ばを過ぎて、ドイツのベルリンはどんよりとした冬空に覆われる日がとても多くなりました。日が差すことはほとんどなく、かわりに時々パラパラと雪が降るような天気が続いています。

夏の間にたくさん見かけたオープンカーも、今では幌を締め切ってひっそりと街を流している…そんなスポーツカー受難のこの季節に、独特の低く唸るような、それでいて乾いた排気音を響かせて、1台のポルシェが目の前にあらわれました。最後の空冷エンジンモデル、ポルシェ911ターボ(タイプ993)です。

コンパクトな車体が新鮮に映る

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...