「ピアッジョ・ベスパカーP2」はドイツ人好みのジャストなサイズ?小さな3輪トラックはまだまだ現役活躍中!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツで働くクルマの中でも、最も小さい部類に入るのが3輪トラック。筆者の住むベルリンでは、毎日必ず見かけるというほどではありませんが、軽快な排気音を響かせて走り回る姿を見つけることはそう難しいことではありません。今回ご紹介するのは、小さな車体に不釣り合いなほど大きな荷台を背負った、ピアッジョ・ベスパカーP2です。

ドイツの道具や工具は頑丈だけど重い!

ドイツでホームセンターのようなところに工具を買いに行くと、その充実した品揃えに驚かされます。まるで業務用のような充電式インパクトドライバーやずっしりとした電動ドリル、こんなにサイズを揃えて使う機会はあるのか?と思ってしまうほど巨大なボックスレンチセットやスパナセット、あらゆる種類のノコギリや電動丸ノコなど。ドイツの男性がモテる要素のひとつに「DIYの技術が高い」というのが挙げられるほど、自分たちでなんでもやってみようとする国民性が、ホームセンターの品揃えにもあらわれています。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...