映画「Taxi」のタクシーは実在する?パリの街中を激走するプジョー207SWタクシー

最終更新日: 公開日:2016-03-21 | Posted in ドイツ現地レポ by

皆さんは映画「Taxi」シリーズをご覧になったことはありますか?

映画「ニキータ」や「レオン」の監督でもある、リュック・ベッソン氏が脚本を手掛けた、フランス映画です。日本でも地上波でオンエアされたことがありますね。

俳優のサミー・ナセリが演じる主人公・ダニエルの愛車は、プジョー406のタクシー仕様(Taxi4ではプジョー407)。西部警察張りに(引用が古い?)ボタンひとつで姿を変え、猛スピードで街中や高速道路を激走するシーンは、観ていて痛快そのもの。ダニエルの相棒でもある、フレデリック・ディーファンタル演じるエミリアンとのコンビネーションや、恋人のマリオン・コティヤール演じるリリーとの、クルマ好きには耳が痛すぎる会話も必見です。ダニエルのクルマ好き(もはやヘンタイぶり?)は、端から見ていても恋人のリリーが気の毒に思えてきます(笑)。

敵キャラの集団がメルセデスに乗っていたり、ランサーエボリューションIV(いわゆるランエボ6)が登場したりと、普段、映画を観る機会があまりないクルマ好きの方にもオススメな作品です。映画のご覧になったあと、ついつい飛ばしすぎないよう、ご注意ください。

ドイツのスタッフから、パリに行った際の現地画像が送られてきました。

映画「Taxi」のタクシーは実在する?パリの街中を激走するプジョー207SWタクシー

どうやら、プジョー207SWのタクシーのようです。プジョー207、最近はあまり見掛けなくなってきましたが、日本でも人気がありましたね。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...