素のクルマの魅力を味わうなら、やっぱりベーシックグレード!日本未導入のプジョー205ルックを見かけて

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

2月も半ばに入り、ドイツは寒さの底を迎えています。筆者の住むベルリンでは、朝晩の最低気温は氷点下6〜7度前後、日中の最高気温は2〜3度という毎日。現地の人々もあまり出歩かず、街は少しひっそりとした雰囲気に包まれています。とはいえ、冬至から1ヶ月半が過ぎ、毎日少しずつ日が長くなっていくのを感じますし、すっきりと一日を通して晴れる日も多くなってきました。そんな春までもうすぐといった雰囲気の穏やかな日中、石畳の道路に佇むプジョー205ルックと出会ったのです。

プジョー205は約528万台が生産された大ベストセラー

プジョー205というと、皆さんはどんなイメージを持っていますか?プジョーのスポーツイメージを確立させ、日本市場でも人気の高かった205GTI。ピニンファリーナによる美しいスタイリングで女性からも支持されたカブリオレ。WRCのグループBを荒らし回り、グループB消滅後もパリ・ダカールを2連覇した205ターボ16(マーケティング効果を狙っての外観やネーミングなので、市販車の205とは構造的にまったくの別物なのですが…。)筆者自身もそうした特別なモデルの印象が強いのですが、一方で205は全世界で528万台弱を売り上げ、1970年末台に赤字を抱えていたプジョーを救った「偉大なるベーシック・ハッチバック」でもあるのです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...