ドイツでも超希少車!わずか144台しか製造されなかったオペル・モンツァ・カイナスC5と遭遇

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツの首都ベルリンはドイツの中でも北側、しかもかなり東側に位置しています。そうした地理的な理由もあって、ベルリンではオペルのクルマを見かけることが非常に多いです。ベルリンの警察車両はオペルなので、文字通りオペルを見かけない日はありません。筆者が今回ご紹介するクルマに出会った時の第一印象も「あれ?オペル・モンツァにオープンモデルなんてあったかな?」という軽いものでした。ところが…

生産数144台の希少なコンバーチブル

近付いてよく見てみると、目立つところにオペルのマークは付いていません(リアウインドウにオペルのステッカーが貼られていましたが)。代わりにKeinath(ドイツ語読みでカイナス)KC5という、モデル名らしきエンブレムが確認できました。全体的にはオペル・モンツァのデザインなのですが、クローム仕上げのマフラーといい、黒のレザーシートといい、ただならぬ雰囲気を醸し出しています。

「これはちょっと調べねば…」ということで写真を撮り、調べた結果判明した車名は「オペル・モンツァ・カイナスKC5」。オペル・モンツァの特別仕様車で、たった144台のみしか作られなかったコンバーチブルモデルだったのです。

オペル・モンツァは、1978年から1986年にかけて生産されたラグジュアリークーぺです。2013年のフランクフルトショーで公開されたコンセプトモデル「モンツァ・コンセプト」の由来も、もちろんこの初代モデル。モンツァは大きく分けて1982年までに生産された前期型A1と、後期型A2に分けられます。今回ご紹介するカイナスKC5は、後期型A2をベースに製作されました。

カイナス社が架装を担当

コンバーチブル化を担当した会社は、モデル名にも名を残すカイナスという会社です。1990年代後半にカイナスGT/R、2000年代初頭にカイナスGT/Cという、オペルのV6エンジンを使用したオリジナルのスポーツカーを開発するようになりますが、2003年には会社自体が倒産してしまい、現在は存在しません。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...