日本では1500台限定だった日産マイクラC+C。ドイツでは「気軽に楽しめるコンパクトオープンカー」として今でも人気!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

北海道よりも北にありながら、今シーズンは暖冬だったドイツの首都、ベルリン。最近の気温は10度を優に超え、日照時間も伸びてきていることもあり、人々は早速テラス席でお茶を飲んだり、食事をしたりしています。日本人の筆者からすると、「まださすがに寒すぎるのでは?」と思うのですが…

道を行くクルマの様子も、少しずつ春めいてきました。冬の間は幌を閉めていたオープンカーも、この陽気に誘われるようにして、開け放って走る人々も増えてきています。今回ご紹介するクルマは、そんなドイツでよく見かける「気軽なオープンカー」のひとつ、日産マイクラC+Cです。

日本名は「マーチ」

「マイクラ」の名前に聞き覚えがなくても、このスタイリングを見ればピンとくる方も多いのではないでしょうか。マイクラは日産マーチの欧州名で、マイクロ(micro)からの造語です。ちなみにC+Cはクーペ+コンバーチブル (Coupe+Convertible) から取られています。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...