ドイツ最大級の自動車博物館「モーターワールド・ケルン」のプレオープンイベントレポ

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツ国内に3カ所ある自動車博物館「モーターワールド」。この度、2018年にケルンにもオープンすることが決定し、第1回目のプレオープンイベント「Warm-UP Meeting」に参加してきました!

オープンするのは来年ということで、博物館建設予定地での開催となりました。ここは以前飛行場だった土地を使っているため、かなり大きな施設になると思われます。今回はクラシックカーを中心としたミートアップイベントで、天気も良かったためか大盛況。イベントの開催時間は10~16時。筆者は12時ごろに会場に到着しましたが、ひょっとしたら、この時間がピークだったかもしれません。


▲駐車場からすでにお宝たちがずらり。ここだけで何時間でも過ごせそう


▲会場入り口に停められたメルセデス・ベンツ280SL。AT仕様ということで注目を集めていました

会場入ってすぐのポルシェエリアはやはり大人気。どんどんやってくるポルシェたちがずらり並ぶと存在感が凄まじかったです。

日本の軽自動車開発にも影響を与えたとされる、ロイト社製のアレクサンダーTS(1958)。コーラルピンクのボディはオリジナルと同じ色でオールペイントされ、3回ほど部分的にレストアが施されて今に至ります。


▲女子受けがよさそうなカラーと内装!私を含め、このアレクサンダーに「可愛い可愛い」と言いながら集まる女性はやはり多かったのだ!

ファンの方たちがオーナーの話を熱心に聞きながら集まっていたのは、アストンマーティン ラゴンダM45(1933)。1983~1986年の間にイギリスでレストアされ、1987年にドイツにやってきた個体なのだそう。M45として現存する50台のうちの1つで、ダブルイグニッション、バキュームサーボブレーキが特徴。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...