求む、正規輸入!メルセデス・ベンツだけど中身はカングーな「シタン」をドイツの路上で見かけて

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツの寒さは日に日に増すばかりで、最低気温は0度を下回り、最高気温も5度に届かないという日がちらほら見受けられるようになりました。クリスマスに向けて街はより華やかな雰囲気に包まれいますが、なかなか外に出るのもおっくうな天気が続いています。そんなどんよりとした曇り空に溶け込むような、シルバーに塗られた1台のクルマが目に留まりました。メルセデス・ベンツのシタンです。

シタンの中身はルノー・カングー?

以前のCLでもご紹介したことがあるシタン。その時に掲載された個体は商用タイプでしたが、今回の個体は乗用タイプです。シタンは簡単に言うと「中身はルノー・カングー、衣装はメルセデス・ベンツ」というクルマで、メルセデス・ベンツとルノーの共同開発によって2012年に登場しました。メカニズム部分の大半はカングーからの流用です。残念ながら、2017年11月現在、日本には正規輸入されていません。

メルセデス・ベンツとルノーの業務提携は2010年代以降強化されていて、特に最近のニュースと言えば、ルノー・トゥインゴとスマートの共同開発や、北米でのエンジン共同生産、インフィニティ・ブランドとのエンジン共用化などが挙げられます。今後も提携体制は強化されていくのかどうか、注視していきたいところですね。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...