古いクルマを大切に乗る国民性。オランダのハネベンことメルセデス・ベンツ(W110)が発する空気感

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

旧車は断然オランダ物がいい、という人もいるようです。気候が割と温暖で、豪雨に見舞われることも少なく、保存に適するということは確かにありそうです。それ以外にも、自国で長いことクルマを生産してこなかったために、輸入に頼らざるを得なかったので「自動車はぜいたく品」という感覚が、オランダの人の心の根底にはあるというのです。

要は「大切に乗る人が多い」ということになります。例えばやっと手に入れたクルマ、雨風を防ぎながら移動できるものであるはずです。それが大切なクルマであれば、雨の日はガレージにカバーをかけてしまっておく、という人も少なくなかったのだといいます。なんだか本末転倒な気もしますが、そのくらいクルマを大切にする国民性といえます。それならば、確かにいい個体が見つかりそうですね。

ドイツからの便りの中に、ハネベンの写真がありました。羽田空港で売っている空弁の話ではありませんよ(笑)。テールフィンが象徴的な乗用車、メルセデス・ベンツ(W110)です。思えば1900cc/2000ccエンジンを搭載したW110は、現代でいうところのCクラスの始祖と言えるかもしれません。メルセデス・ベンツ(W110)は、ガソリン車とディーゼルエンジン車を用意する当時の意欲作でした。

丸目のライトは愛嬌すら感じさせますね。そしてこのボディカラーも素敵です。ブルーのボディとルーフの部分がホワイトになっています。こういう仕様も、オランダ仕様らしいといえばらしいかもしれません。その「せっかく買うなら」という思いがクルマに込められている。そんなオリジナリティあふれる仕様の個体が多いようです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...