ドイツ発!レトロポルシェカスタムで話題のKaege(ケーゲ)社独占レポ

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

近年、旧車をレストアしたり、カスタマイズすることに徐々に火がつきつつあるようです。カレントライフでも、旧車の自動車税の仕組みに疑問を呈したり、環境保護の面からも旧車を保存、活用する動きを応援してきました。

ポルシェでは、アメリカ発のSinger(シンガー)社を始め、ポルシェAG本社においても、古いポルシェをレストアする事業を開始しています。以前、ドイツでのクラシックポルシェカスタムに関しての記事で紹介した「ドイツのシンガー」ことKaege(ケーゲ)社をご存じの方もいるのではないでしょうか。

このたび、クラシックポルシェのカスタムに携わり、日本からも熱い注目を集めるケーゲ社をドイツの奥地まで訪問してまいりました!そして、ケーゲ社長ご自身を独占取材することができましたので、その様子をレポートしていきたいと思います!

Kaege(ケーゲ)社とは?

Kaege(ケーゲ)社の成り立ちは、創業1995年、創業者であるロガー・ケーゲ氏により設立されました。場所はドイツ南部シュテッテンという人口わずか630人の村の中に、自宅兼アトリエ工場のようなカタチで存在しています。

Kaege(ケーゲ)社の社員は9名、自社のアトリエと接客スペース、整備工場、カスタム工場、という陣容です。

ケーゲ氏のキャリアは、長く自動車の鈑金塗装やレストアに従事していたそうです。その経歴を活かして、自動車の修理、鈑金、販売事業をスタートしました。

そして、2000年にレストア、カスタム事業に参入し、2010年に初のロードカー「Kaege Retro(ケーゲ・レトロ)」をリリースします。

そのロードカーがよく見るあの個体、そうです!ポルシェ993をベースにナロールックを取り入れ、フルレストアを施したものです。

「Kaege Retro(ケーゲ・レトロ)」発表後、世界中から反響があり、現在まで12台を受注。現在、年間6台を最大受注台数として、納期まで約1年かけてコツコツ製作するのです。筆者が取材した日も、ようやく2台目が納車されるとのことでした。

現在、ほとんどがドイツ国内のユーザーだそうですが、ほかにもドバイや、アジアでは香港から1件注文があったそうです。

ケーゲ社長にインタビュー

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...