ドイツは80%で世界一!日本は・・・?中古車の個人売買が主流となっている理由とは

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

路上駐車が一般的なドイツですが、ときどきこのようなクルマに遭遇します。

ただ停めているだけかと思いきや、張り紙には「売ります!」の文字。古典的といえばそうなのかもしれませんが、ドイツでは珍しくない光景です。このように、路上に個人で中古車を売り出している光景をしばしば見掛けます。


▲カーミーティングでもクラシックカーを中心に売りに出すオーナーも多い

中古車市場が盛んなドイツですが、個人売買も一般的です。専門店で中古車を購入することが多い日本に対し、海外では写真の通り路肩に停められているクルマに大まかなスペックや売主の連絡先が書かれた張り紙がされている光景が見られます。

その中でも、ドイツやイギリスなどでは、80%もの確率でクルマの個人売買が行われています。この割合は日本では1%ですから、かなりの違いがあるのです。なおドイツやイギリスだけでなく、税率が約10%の韓国やアメリカでも車の個人売買は活発に行われています。


▲路上販売のほかに、個人売買のポータルサイトもある。mobile.deはその中でも有名で、信頼性も高く、安心して取引ができる(mobile.deサイトより)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...