bb ポルシェ911や、ケーニッヒも!フランクフルト・モーターショーを別の面から楽しむ

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

2年に1度、ドイツのフランクフルトで開催される世界最大のモーターショーのひとつ、それがフランクフルト・モーターショーです。正式名称は“Internationale Automobil-Ausstellung”、直訳すると「国際自動車展示会」となりますが、ドイツ現地では頭文字を取って専ら「IAA」と呼ばれています。今年のフランクフルト・モーターショーは9月14日から24日まで開催されていていて、世界中から多くの自動車ジャーナリストやファンが訪れています。

フランクフルト・モーターショーは毎回、たくさんの新型車やコンセプトカー、新技術の発表の場になっており、今年は特に自動運転や電気自動車についての技術発表が多くなされました。さすがは自動車技術先進国ドイツ、と唸らされる一方で、過去に目を向けた展示も充実しています。その中から「これは!」という一風変わったクルマたちをご紹介します。

ケーニッヒのコンプリートカーが2台も!

Ferrari 365 BB König Specials
▲Ferrari 365 BB König Specials

強烈なオーラを放つこの個体は、1974年にドイツの名チューナー・ケーニッヒ(König Specials)によって最初に制作された一台です。ベースとなったのはフェラーリ365BBで、エンジンの出力は440psまで高められています。0〜100km加速は3.5秒、最高時速320km/hと、当時としては驚愕の動力性能を誇りました。このクルマの現在の価値は75万ユーロ(約9,975万円)とのこと!日本ではほとんどお目にかかることのない、ケーニッヒが手掛けたフェラーリ。好む好まざるに関わらず、日本のスーパーカー・ファンには強烈なインパクトを残しました。再びコンプリートカーを製作してほしいと願っているのは、きっと日本のファンだけではないはずです。

Jaguar XJ-S König Specials
▲Jaguar XJ-S König Specials

大迫力のオーバーフェンダーに極太タイヤ、巨大なリアスポイラーで武装した、ケーニッヒが手掛けたジャガーXJ-S。フロントグリルに原型の面影が残るくらいで、内装にも大幅に手が入れられています。左ハンドル仕様であることにも注目。貴婦人のような佇まいのジャガーXJ-Sもケーニッヒの手にかかればこの通り、格闘家のような筋肉質なスタイルに変身!

地元フランクフルトの知る人ぞ知るチューナー、bb

bb Porsche 911 Turbo Targa “Rainbow”

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...