蹄鉄は幸運の象徴!フロントに蹄鉄を掲げたHナンバーのメルセデス・ベンツS123型

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

10月に入り、ドイツでは日に日に秋が深まっています。日照時間は目に見えて短くなってきていますし、日中の最高気温が摂氏14度前後で紅葉も一気に進んできました。筆者の住むベルリンでは街路樹が多く、そのどれもが一斉に色づいて美しいです。石畳の上に湿った落ち葉が積もっている場合、かなり滑りやすいので足元には注意が必要ですが、街を散策するのがとても楽しいこの季節。そんな秋の晴天の下で出会ったのが、今回ご紹介するメルセデス・ベンツのステーションワゴン、S123型です。

シンプルながら上質な作りの実用車、S123型

1970年代半ばから1980年代半ばまで生産された、メルセデス・ベンツのエントリークラス〜ミディアムクラスの担い手であるW123型。そのバリエーションモデルとして登場したのが、Tモデルと呼ばれるステーションワゴンタイプ、S123型です。シンプルながら上質な作りは、最高の実用車としてドイツ国内でも未だに根強い人気があります。

手入れの行き届いた純白の外装に、懐かしいデザインのBBSホイール。サイドモールやルーフレールなどの光り輝くクロームパーツ。右フロントバンパー下にこすってしまった跡がありますが、一方でタイヤは新品に交換されたばかりのようです。そしてCLではもはやお馴染み、堂々と掲げられたHナンバー。オーナーの愛情の大きさを感じる、とても良いコンディションです。

日本に正規輸入されたのはディーゼルエンジン搭載車のみで、300TDもしくはターボ・ディーゼルエンジン搭載車の300TDTが上陸しています。日本国内では近年の排気ガス規制のため、エンジン載せ替えのサービスを行っている修理工場も多いですね。

ヨーロッパではガソリンエンジン・モデルのラインナップも充実していて、200T、230T、250T、280TEの各モデルと、日本未導入のディーゼルエンジン・モデルである240TDが生産、販売されていました。ドイツ現地の高級車に多い特徴ですが、この個体でもグレードを示すエンブレムが取られてしまっているため、残念ながら外観からどのエンジンが載っているかを特定することはできません。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...