ドイツ本国でもあまり見られない?優れたハンドリングで知られるFRポルシェ、944を見かけて

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツが誇るスポーツカーメーカーの雄、ポルシェ。50年以上の長きにわたって生産されている911をはじめとして、スポーツSUVの新たなアイコンとなったカイエンやマカン、ポルシェの長年の夢をついに実現したフル4シータースポーツカーのパナメーラ、初代ボクスターの爆発的ヒットで盤石のエントリーモデルとなった718系などのラインナップを揃え、2017年は過去最高の営業利益と24万6375台の新車販売を達成。ポルシェは、かつてないほどの成功を収めています。

しかし、現在の成功が信じられないほど、ポルシェも経営不振に苦しんだ時代が存在しました。特に初代ボクスター登場以前、70年代半ばから90年代半ばまでの期間は深刻で、その状況を打破すべく「911に代わる主力車種を作り上げ、経営不振から脱出する」という目標を背負った、一連のFRモデルがデビューします。今回ご紹介するクルマもそんな時期に発表されたポルシェのひとつ、ポルシェ944S2です。

ポルシェがこだわったトランスアクスル

911に代わる車種を開発するにあたり、ポルシェが選択したレイアウトはトランスアクスルを用いたFRでした。ホイールベースが短く、リアが重く、操縦の難しい911のRRレイアウトは、当時のポルシェにとってゴールではなかったのでしょう。また、944以前のエントリーモデルである914は、操縦性と運動性の両立のためにミッドシップ・レイアウトを採用するものの、それまでのポルシェの特徴であったリアシートが設置できない、トランクが前後に分かれる、など実用性に難がありました。トランスアクスルのFRであれば、前後の重量バランスを適正化でき、操縦性と実用性を両立できると考えたのです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...