ハッチバックを華麗に変身させる名門ピニンファリーナの手腕!日本未導入のフォード・フォーカス・クーペ・カブリオレ

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

連日30度以上の異常な暑さも過ぎ去り、26度前後の「いつもの夏」が戻ってきたドイツ。とはいえ、8月も後半に入った今、日照時間は日に日に短くなってきており、夏の終わりがすぐそこまで迫ってきているのを実感します。

すっかり過ごしやすくなったベルリンで、一台の端正なスタイリングのカブリオレに遭遇しました。日本へは結局輸入されずに終わってしまった、フォード・フォーカス・クーペ・カブリオレです。

ラリーのイメージが強いフォーカス、ヨーロッパでは?

8月16日から19日までは、第35回ADACラリー・ドイチュラントが行われていたドイツ。フォードは今でもラリー参戦に積極的ですし、「フィエスタ」で参戦している現在でも、「フォーカス」に対してWRCのイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。しかし、歴史をたどってみると、フォーカスWRCがデビューしたのは1999年。2010年までの11年間に渡って活躍したのち、フィエスタRS WRCにスイッチと、すでにバトンタッチから10年近くの年月が経っているのですね。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...