売買価格も高騰中?初代「ゴルフ・カブリオ」が本国ドイツでロングセラーな理由

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ヨーロッパでも屈指の技術立国であるドイツ。自動車産業のみならず、医療機器や次世代エネルギー開発などで他国をリードする、EUのリーダー的存在です。ところが、実際に現地で生活してみると、そんな最先端のイメージとは裏腹に、古き良きヨーロッパをイメージするような「昔から変わらないもの」にあふれた国であることに気付きます。今回ご紹介するのは、後継モデルがデビューした後もモデルチェンジなしで作り続けられたロングセラーモデル、フォルクスワーゲン・ゴルフ・カブリオの初代モデルです。

初代ゴルフ・カブリオは約39万台生産のロングセラー!

初代ゴルフの登場は1974年。偉大なフォルクスワーゲン・タイプ1の後継車として、水冷エンジン、前輪駆動、2ボックスデザインなどのコンセプトを盛り込んで開発されました。ジウジアーロによるパッケージングとスタイリングは、発表から40年経った今見ても古さを感じさせず、その後のフォルクスワーゲンの進む方向を定めた名車と言えるでしょう。

そんな初代ゴルフに、オープンモデルであるカブリオが用意されたのは1979年のことでした。幌や開閉機構の製作を担当したのは、既にタイプ1のカブリオレで経験のあったコーチビルダー、カルマンです。写真ではわかりにくいですが、フロントフェンダー後ろに小さくカルマンのバッジが貼り付けられています。オープンモデルのスペシャリストであるカルマンとの関係は、2000年代に入ってからもニュービートル・カブリオレまで続いていましたが、残念ながらカルマンは2009年に倒産してしまいました。

初代ゴルフ・カブリオは1979年から1993年にかけて、約39万台が生産されました。ベースモデルである初代ゴルフは1983年にフルモデルチェンジを受け、2代目であるゴルフ2に進化しますが、ゴルフ・カブリオについては小変更のみで生産され続けることになります。初代ゴルフ・カブリオは結局、3代目であるゴルフ3をベースにしたゴルフ3・カブリオ登場まで、14年間製造されるロングセラーとなりました。

初代ゴルフ・カブリオは本国ドイツでも根強い人気!

初代ゴルフ・カブリオは日本の中古車市場でも、根強いファンがいることで知られるクルマですね。特に最終限定車であるクラシックラインは、本革シートやアルミホイールといった豪華な仕様で、名指しで探している方もいるとか。本国ドイツでも初代ゴルフ・カブリオの人気は高く、クラシック〜ネオ・クラシックを扱う雑誌の個人売買のページでも比較的高値で掲載されています。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...