伝説のはじまり。一度も途切れることなく生産が続けられる「フォード・マスタング」の初代モデルにドイツで遭遇!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

すっきりと晴れた日が続くドイツの夏。気温は25度前後と、過ごしやすい天候が続いています。現在開催中のワールドカップでは、まさかのグループリーグ敗退を喫してしまったドイツ。敗退が決まった時はかなり暗いムードが漂っていましたが、現在ではサッカーの試合そのものを楽しんでいる人が多いですね。

レストランのテラス席には大型のスクリーンやテレビが用意され、そこでビールや食事を楽しみながらゆっくりと観戦するのがドイツの人々のスタイル。筆者もそこに混じって観戦していたところ、ドロドロと特徴的なV8サウンドが聞こえてきて、思わずテラスを飛び出してシャッターを切りました。今回ご紹介するのは、意外なほどドイツで人気のあるアメリカンV8クーペ、初代フォード・マスタングです。

アメリカ車はドイツで人気?

筆者がドイツのクラシックカー・イベントに足を運ぶようになって気が付いたのが、「想像していたよりもずっとアメリカ車の数が多い」ということでした。フォード・トリノ、シボレー・カマロやコルベット・スティングレイ、ポンティアック・ファイアーバードなどといったクルマが一堂に会することも珍しいことではありません。しかも、来場者からの注目度も高く、多くの人々がクルマと一緒に写真を撮るなど、イベントのヒーローまたはヒロイン的人気があることにも驚きました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...