ジウジアーロの流麗で美しいデザイン。ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーも射止めた傑作「初代アウディ80」

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

8月までの暑さも過ぎ去り、急に秋の装いになってきたドイツ。飲食店のテラス席は相変わらず多くの人で賑わっていますが、現地の人々の服装も少しずつ厚着になってきました。日中も25度まで届けば暖かいほうで、夜になれば12度前後にまで冷え込みます。そんなドイツの街中で、真夏の海を連想させるような、鮮烈な青色のアウディを見つけました。今回ご紹介するのはアウディ80の初代モデル、その中でもさらに古い初期型モデルです。

丸目が印象的な前期型

アウディ80の初代モデルはB1と呼ばれ、1972年から1978年まで生産されました。その歴史の中でも前期型と後期型にわかれ、前期型はタイプ80、後期型はタイプ82と呼ばれています。今回撮影したのは前期型のタイプ80で、1972年から1976年まで生産されたモデル。ちょっととぼけたようなような表情の丸目2灯ヘッドライトが印象的ですね。丸型ヘッドライトは前期型タイプ80だけの特徴で、高性能グレードには丸目4灯も用意されていました。後期型タイプ82からは角形2灯式の、80年代のアウディでおなじみのデザインに変更されます。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...