見た人全てを虜にする!可愛らしいデザインのフィアット・ヌォーヴァ500がドイツで愛される理由とは

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツの都市部では駐車スペースが足りない!以前CL CARSに掲載された記事(2018年4月27日掲載:想像以上に過酷なドイツの駐車事情。ドイツ暮らしならではのクルマ選びとは)でも紹介されていましたが、筆者の住むドイツの首都・ベルリンの状況も同じく、街の中心部で駐車スペースがスムーズに見つかることはまずありません。

そんな中、ちょっとしたスペースを見つけてはサッと素早く駐車したり、小回りを利かせて小動物のように走り回る小さなクルマたちがいます。今回ご紹介するのは、ドイツでもおなじみの超小型車、フィアット・ヌォーヴァ500です。

全長3m弱、全幅1.3mのボディに大人4人が乗車可能

ドイツでの駐車スペースといえば、ほとんどが路上駐車で、日本のような大規模なパーキング施設を見かけるようなことはまずありません。そんな状況の中で有利なのが、やはりとにかく小さいクルマです。日本ではあまりパッとしない人気のスマートも、ここドイツの都市部においては大人気。全長の短さと小回りの良さを生かして、わずかな隙間にも軽々と駐車していきます。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...