理想の1台を探して。ドイツ・ヨーロッパでの中古車購入の実情とは?

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツで中古車を売買するのに有名な定番サイトがある。「Autoscout24.de」と「mobile.de」だ。日本の中古車サイトと決定的に違うのは、業者だけでなく個人も広告を掲載して売り買いできることと、国境をまたいでヨーロッパ全域で検索が可能なことである。もちろんクラシックカーもたくさん出品されているので、まずはこの2つのサイトでランチア・フルビアを検索してみた。

ヨーロッパでの中古車探し

ドイツ国内で売りに出されているクルマには、ある「傾向」が存在するように思う。「高額」「多走行」「外装色がコンサバ」なのである。クラシックカーの場合はそれほどでないが、現代車の場合はそれに「内装色が奇抜」が加わる。残念ながら、気に入ったフルビアがなかなか出てこない。

検索範囲をヨーロッパ全体に広げてみよう。ランチアの本場イタリアには、センスのいい内外装の組み合わせのものが出てくるものの、ドイツと同様「高額」であるのには変わりが無い。「Autoscout24.de」も「mobile.de」もヨーロッパ中から出品できるため、景気のいい国から買いにくることをあてに、自国では売れないような値段をつけている売主も多いからだろうか。実際そういうクルマは、長い間ウォッチしていてもなかなか売れなかったりする。

ドイツ国外から輸入するにはリスクが伴う

ドイツで買った車検付きのクルマをドイツで登録する場合は、いわゆる名義変更であって、日本の手続きとあまり変わらない。しかし、同じEU内であれどドイツ国外の国から買う場合、車検付きであっても、ドイツで登録するのは一筋縄では行かない。

なぜなら、元の国で車検が残っていても、登録する際にあらためてドイツの車検を受けて合格しなければならないからである。人やものの移動が自由なEUとはいえ、ほかのEU諸国よりドイツの車検は遥かに厳しいので、買ったはいいが登録できないなんてことがよくあるのである。

そういったリスクも調べたうえで、ヨーロッパ全域に検索範囲を広げ、フルビアの出品をチェックすることにした。上記サイトに加えて、さらにイギリスのクラシックカー売買サイト「Car and Classic.co.uk」もチェック。この段階では、あえて色や年式は絞らずに、たくさんのフルビアを見ることで、自分にとってどんなクルマが合うのか考えてみた。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:林こうじ

ドイツ在住の自動車技術者。某国産自動車メーカーを経て、現在はドイツ系サプライヤーで設計を手がける...