電気自動車やPHEV車シフトへの布石?2030年までにドイツすべての新車を無排気化か

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツは2050年までに80〜95%のCO2排出量削減を公約として掲げている。同時に無排気(エミッションフリー)ということは、ディーゼル・ガソリン車の台数を減らし、電気自動車あるいはプラグインハイブリット車への完全シフト化を目指しているともいえる。

概要

電気自動車やPHEV車シフトへの布石?2030年までにドイツすべての新車を無排気化か

ドイツのエネルギー・副経済産業大臣ライナー・バーク氏がベルリンにて開催された環境フォーラムにて、「排気ガス削減の目標を達成するには遅くとも2030年までにすべての新車を無排気化しなければ間に合わない。」とコメント。新車の寿命が20年ほどと考えると、購入してから次の15~20年で排気量カットをしていかなければならないのだ。

現在の問題と対策

●電気自動車の普及率
電気自動車やPHEV車シフトへの布石?2030年までにドイツすべての新車を無排気化か

1990年の水準より乗用車の排気ガス削減率は40%を達成している一方で、電気自動車の普及率は低迷している。ドイツで登録された車両のうち、電気自動車の割合は約0.6%。普及しない理由としては、充電ステーションの数が圧倒的に少ないことや、車社会のドイツでは電気のみだとアウトバーンで走るパワーや走行距離がディーゼルやガソリンなどの化石燃料車には勝らない点が挙げられる。

・ドイツ政府は電気自動車販売数を増やすためにインセンティブと充電設備への補助金の支出を約束。他にも購入時の補助金または税金免除も検討している。ハイブリット車購入時の補助金制度は既に中国、ノルウェー、フランスなどで実施されている。2020年までに約500万台の電気自動車の販売、2025年には電気自動車の普及率8%を目標としている

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...