電気自動車やPHEV車シフトへの布石?2030年までにドイツすべての新車を無排気化か

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツは2050年までに80〜95%のCO2排出量削減を公約として掲げている。同時に無排気(エミッションフリー)ということは、ディーゼル・ガソリン車の台数を減らし、電気自動車あるいはプラグインハイブリット車への完全シフト化を目指しているともいえる。

概要

電気自動車やPHEV車シフトへの布石?2030年までにドイツすべての新車を無排気化か

ドイツのエネルギー・副経済産業大臣ライナー・バーク氏がベルリンにて開催された環境フォーラムにて、「排気ガス削減の目標を達成するには遅くとも2030年までにすべての新車を無排気化しなければ間に合わない。」とコメント。新車の寿命が20年ほどと考えると、購入してから次の15~20年で排気量カットをしていかなければならないのだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...