ヨーロッパの大衆に愛されたベーシックカー。ラリーのイメージも強いコンパクトハッチバック「フォード・エスコート」

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

フォード・エスコート。この名前を聞いて、みなさまはどんなイメージを持ちますか?1960年代から1970年代のラリーでの活躍でしょうか。それとも、1990年代にグループAで活躍した「エスコートRSコスワース」でしょうか。日本においては、どうしてもラリーと切っては切れないイメージのエスコートですが、一方でヨーロッパでは長きに渡り多くの人々に愛された大衆車でした。今回はスポーティモデルではなく、「素のフォード・エスコート」を紹介します。

コンパクトさが美点

今回撮影したエスコートは、1995年から2004年まで生産されていた、第6世代にして最終型となった3ドア・ハッチバックモデルです。基本的には、第5世代からのプラットフォームを引き継いでいて、ほとんどのメカニズムはそのまま使われています。外装はかなり丸みを帯びたスタイリングに変更されていて、以前のエスコートのイメージはほとんど残っていません。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...