2017年のル・マンが33時間連続、無料で開放!ポルシェ博物館がパブリックビューイング開催

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

毎年夏至の時期に開催される世界3大レースのひとつ、ル・マン24時間レース。みなさんはどんな方法で観戦していますか?かつては地上波でもテレビ中継していましたが、現在はインターネットのライブストリーム配信や衛星放送が主流ですね。そんな中、ここ数年で注目を集めているのがパブリックビューイング。今年はポルシェ・ジャパンが東京・銀座G735 Galleryで開催し、話題を集めました。このパブリックビューイング、どうやらドイツのポルシェ博物館でも行われるとの情報を掴んだ筆者、早速現地に行ってきました。

なんと33時間連続で開催!


▲17日朝9時頃の様子。閑散としていますが中継は始まっていました

ポルシェ本社のあるシュツットガルト・ツッフェンハウゼン。向かいの博物館で行われたのが、その名も「ル・マン@ツッフェンハウゼン」です。2017年のル・マンは、現地時間6月17日15時からの24時間で争われましたが、このイベントの開催期間は6月17日9時〜18日18時まで。つまり、レース当日のウォームアップから表彰式まで33時間連続で開催し続ける、という驚きの内容でした。

イベントは入場無料。博物館の中も33時間連続、無料で開放されます。通常8ユーロの入館料がかかることを考えるととんでもない大サービス。併設のレストランでは、この週末だけのフランス料理メニューが用意されていました。グッズなどを扱うショップも23時まで営業するとのこと。


▲博物館の内外に設置されたスクリーンは全部で6ヶ所。用意された座席の数はかなりのもの

マニア垂涎。あの名車のエンジン音が聴ける!


▲ズラリと並んだ歴代のレーシングカー。「ル・マン・サウンド」と題して、エンジンを始動するイベントが2時間おきに開催されていました


▲919ハイブリッド。今年のル・マンにおいて1号車でドライブした、ニール・ジャニ、アンドレ・ロッテラー、ニック・タンディの3人の名前が刻まれています。リアビューミラーやヘッドライト、リアウイング周辺の形状から、2016年WEC第2戦以降のロー・ドラッグ・スペックだと思われますが、カラーリングは2017年仕様なので何らかのテストに使用された車両かもしれません


▲911GT1 ’98。26号車は1998年のル・マンの優勝車です。トヨタGT-One TS020との激闘の末、25号車との1-2フィニッシュを決めたのも、もう20年近く前になるのですね。911と名乗っていますが、新たに設計されたカーボンモノコックのボディやミッドシップにエンジンを積むなど中身は完全に別物です

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...