これぞ在独日本人の理想!アジアに目を向け始めたドイツ系スーパーマーケット

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツ人にとって、日本を含めたアジアという地域はとてもエキゾチックなもの。ここ最近ドイツでは、ローカルなアジアフードが流行したり、少しずつではありますが、彼らの生活にも浸透してきています。しかしながら、購入する際はドイツのモノはドイツの店で、アジアのモノはアジア関連のショップで・・・と、はっきり分かれていました。

IMG_1982
▲ドイツスーパーのチラシにもアジアフェアのページがある

最近は、ドイツ系スーパーがオリジナルブランドでアジア系の食品を展開していますが、価格は高め。さらに言うと、ドイツ人が考えた「アジア」なので、当のアジア人達には評判が悪かったのも事実。去年の夏「日本の味シリーズ」と称して販売されていた「生姜バニラアイス」は、母国でも食べたことがない味に筆者は悲しくなったのを覚えています。これに関してはMade in Germanyではなく、「自国の商品」が海外で買えることが本当にありがたいのです。

新しいカタチのスーパー「Tains nahkauf」

IMG_1909

ドイツ最大の日本人都市、デュッセルドルフでつい先日オープンしたスーパーがあります。一見新しいアジア系のショップかと思いますが、これはドイツ大手スーパー「REWE」の系列店舗なのです。

ドイツ系スーパーにもそれぞれ特色があり、オーガニック系、ディスカウント系、メガスーパー系など様々です。中でもREWEはやや高めの価格帯で、主に街の中心部や駅空港内などで展開しています。オリジナルブランドの種類も多く、店内にイートインスペースや、惣菜・サラダバーを販売するなど、他のスーパーと差別化を図っています。(日本では普通ですが、ドイツではこういうスタイルは皆無です)最近ではフランチャイズ展開をしており、フランチャイズオーナー独自の品ぞろえで雰囲気がガラリと変わることも特徴です。

外側からキッチンが見え、点心など作る様子を覗くことができる。
▲外側からキッチンが見え、点心など作る様子を覗くことができる。中に入ると手前は小さなレストラン。奥へ進むと食品売り場がある

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...