旧車の6割が現役なのはなぜ?気になるドイツでのクラシックカーの維持費を調べてみた

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツのクラシックカーにおける優遇制度は「Hナンバー」の話題を中心に、カレントライフでもご紹介してきました。Hナンバーを探しに、クラシックカーミーティングに参加してみて印象的だったのは、若い世代のオーナーさんも結構いらっしゃるということです。まだ小さい子供を連れているお父さんや、20代の若者だったりと、若くしてスゴイなと感心していたときに気になったのです。「20代でクラシックカー持ち・・・。果たしてやっていけるのか?維持費がすごく掛かるんじゃないの?」と…。

気になって調べてみると、現在ドイツでは、61%のクラシックカーが日常使いされているという事実に驚きました。Hナンバーの車税優遇があるとしても、現代車と比べれば年間の維持費はかなり違うはず。なぜ、日常使いができるのか?気になるドイツでのクラシックカー維持費を調べてみました。

平均年間維持費は約25万円

まず、ドイツ自動車工業協会(VDA)の発表した全体的な旧車の年間維持費は以下の通りです。(※金額は1ユーロ=120円換算)

平均年間維持費(税金、保険料、車検代、保管料含む、燃料費は除外)
ネオクラシックカー(製造後10~20年):788ユーロ(94,560円)
クラシックカー(製造後30年~):2133ユーロ(255,960円)

そしてそれぞれの支払いの仕組みを見ていきましょう。

・車検
クラシックカーは2年に1度の車検(Hauptuntersuchung)が義務づけられています。Hナンバーは一律の60ユーロ(7,200円)となっています。通年ではないですが、Hナンバー申請時に通常車検とは別に、走行支障をきたす欠陥がないか調べるクラシックカー限定の車検があり、別途120~140ユーロを支払う必要があります。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...