クールジャパン in Germany!日本のマンガ・アニメは不動の人気エンタメ

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

海外で「日本といえば?」と聞けば必ず出てくる答えのひとつはマンガとアニメ。これがきっかけで日本語を勉強するようになった、日本に興味を持ったという人も少なくありません。マンガやアニメをはじめとした日本のポップカルチャーは、政府がクールジャパンと称して文化発信を続けている通り、彼らにとっては本当に「クール」な存在。キャラクターやハイレベルな描写技術、そして自分の国にはない独特の世界観に魅せられるのだとか。

11535795_826876704086158_6092405603600246080_n

ヨーロッパで初めに日本のマンガ・アニメブームが来たのはイギリスとフランスでしたが、ドイツも今ではマンガ・アニメ文化が浸透しています。地上波でも日本製アニメが放送されていますし、今の10~20代の若者たちなら日本のものとは知らずに見て育った子も多いです。ドイツでも人気の「アルプスの少女ハイジ」は原作こそスイスですが、あのアニメは日本製だと教えると毎度すごく驚かれます。そして今や書店へ行けば「Manga」と称したコーナーがあり、ドイツ語翻訳された日本のマンガたちがずらり。こちらでは絵柄やキャラクターが特徴とされる日本のマンガは「Manga」、アメコミのように劇画風・ストーリー重視の作品は「Comic」と区別されています。他にもベルリンなど大都市を中心に日本のマンガ・アニメ専門店も誕生し、マンガだけではなくアニメグッズやコスプレ衣装も購入できるようになりました。

10421208_826876727419489_3021369252652593145_n

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...