ベーシックカーの魅力の再認識した、フォルクスワーゲンゴルフII

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ネオクラシック、そんな風にカテゴライズされるクルマの多くは、既に実はかなりクラシックだったりもするのですよね。

日本だと1980年代、1990年代、輸入車の持つ魅力、子供だった私も大いに惹かれたものです。個人的にはW123、ワゴンのS123でしょうか、むしろ。当時でも決して新奇なデザインではなく、十分クラシックカーのような雰囲気を醸し出していて、そこがまた魅力的だったり。でもよく見れば、メッキでないとならないのではなく、その雰囲気、風格、フォルムの為にあしらわれたデザイン的な事情で採用されていたようでした。ですからよく見るとかなりメッキではあってもモダンな形状のモールになっていたり、あるいは樹脂で代用できそうな箇所も散見されたものです。

同じ頃すでにアウディなどは空力を追求し、スタイリッシュなフォルムを採用していました。当時のクルマは並ぶと、同じ年式?とちょっとビックリしてしまうようなクルマたちも実際には少なくなかったように思うのです。

そんな中にあって、質実剛健な印象をそのまま踏襲していたフォルクスワーゲンゴルフ。ゴルフとしては2代目のこのクルマも当時のクルマでは忘れることのできない1台ではないでしょうか。

12746039_1016154528455279_1962655509_n

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...