日本の全てのクルマ好きに自信を持ってお伝えしたい最高の空間、クラシック・レミーズ・ベルリン

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

複雑な歴史を持ち、人口350万人を抱えるドイツの首都、ベルリン。立法と行政の中心地であり、一方で芸術や文化の中心地でもあるこの街には、150を超える博物館や美術館、50を超える劇場があり、年間を通して多くの観光客が訪れます。日本からの飛行機の直行便がないため、日本の人々にとって観光地としての印象が少々薄いベルリンですが、もしあなたがクルマ好きで、ベルリンを訪れる機会があった場合、絶対の自信を持ってオススメする場所が、今回ご紹介する「Classic Remise Berlin(クラシック・レミーズ・ベルリン)」です。

クラシック・レミーズ・ベルリンはクルマ好きのための複合施設

クラシック・レミーズ・ベルリン
▲クラシック・レミーズ・ベルリンの外観。中央に見えるガラス張りの場所はレストランです。駐車しているクルマの中にはジャガーやアストン・マーティン、ロータス・エスプリの姿も!

以前、カレントライフにて「クラシック・レミーズ・デュッセルドルフ」について紹介する記事が掲載されました(https://crediblecar.life/germany/classic-remise/)。その記事の中でも触れられていますが、クラシック・レミーズはドイツ国内に2箇所、デュッセルドルフとベルリンにあり、ベルリンの方が規模が大きいようです。今回、取材許可を得て内部を撮影することができたので、普段の「ドイツ現地レポ」よりも写真を増量してお届けします。

クラシック・レミーズ・ベルリン
▲古い倉庫のような外観とは裏腹に、自然光が入るように工夫された全長100m以上の広大なホール。このホールが全部で4つあります。手前に写っている白い1989年製ポルシェ911カブリオレも売り物で、販売額は69,500ユーロ(約917万円)でした

2003年にオープンしたクラシック・レミーズ・ベルリンのコンセプトは、デュッセルドルフのものと同様に、博物館、販売店、修理・レストア工場、グッズや書籍、アパレル等のショップ、さらにはイベントホールやレストランまでもが一体となった複合施設です。博物館といっても入場は無料で、自由に見学が可能です。また、この施設は中古車販売場も兼ねており、多くのクルマにはプライスタグが掲げられていて、その場で購入することができます。メンテナンスのために入庫している個人所有のクルマ等は、ガラス張りのガレージ(収容台数は88台)に収められているため、オーナーたちが実際に運転しているクルマをガラス越しに見学することができます。

クラシック・レミーズ・ベルリン
▲メルセデス・ベンツ300SL、ポルシェ356、フェラーリ・ディーノが収められたガラス張りのガレージ。他にも、マクラーレン720Sやランボルギーニ・カウンタック、フェラーリ512BBやロールス・ロイス・レイスなども入庫していました。ホール全体でのクルマの総額はいくらになるのでしょうか?

クラシック・レミーズ・ベルリン
▲ナローのポルシェ911や356、メルセデス・ベンツ190SLが集まる一角。素晴らしいコンディションのクルマがこれだけ集う様子は圧巻の一言で、じっくり見ようと思うと丸一日はかかるかもしれません。ホール内部にはオイルの匂いがほのかに漂っていて、普通の博物館とは異なる独特の雰囲気です。時折エンジンを始動する音が響いたり、集まった人々の笑い声や話し声もあって、思いの外、賑やかな印象を受けます

クラシック・レミーズ・ベルリン

クラシック・レミーズ・ベルリン

クラシック・レミーズ・ベルリン

クラシック・レミーズ・ベルリン
▲ジャガー・XK150ロードスターがエンジンを始動している場面に立ち会えました。XK150ロードスターが製造されたのは1958年から1961年の間ですから、すでに60年近い年月が流れているというのに、それを感じさせない美しい状態を保っていました。エンジンも好調そのもの。生粋の英国車ではありますが、ドイツに生息する個体らしく左ハンドル仕様ですね

クラシック・レミーズ・ベルリン
▲建物の2階部分にも通路が通っていて、もちろん通行可能です。ガラス張りの販売店とその上に乗る往年のフォーミュラ・カー、さらにはガソリンの給油設備と古いオートバイの展示と、情報量が多くて目のやり場に困るほど。年配の方ばかりではなく、20代前半くらいの若い入場者の姿も目立ちました

クラシック・レミーズ・ベルリン
▲通路の様々な場所に、世界中のサーキットの縮図が埋め込まれています。ご丁寧に完成した年、コーナーの数、距離(キロとマイル!)まで書いてあるあたり、いかにも真面目なドイツ人が作ったという感じで、思わずニヤリとしてしまいました

クラシック・レミーズ・ベルリン
▲モデルカーのショップ。かなりマニアックなクルマのモデルカーも在庫していました。他にもアパレルのショップや、自動車のシートや内装をモチーフにした家具屋、書籍を販売するお店など、ほとんどがこうしたガラス張りの構造になっていて、開放的で明るい雰囲気です

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...